知っておきたい名言


どのような職業に就く場合でもそうですが、塾講師の仕事を始めるにあたっても、それなりの心構えを持っておくことが大切です。 そのように、これから塾講師になろうとしている方に知っておいて頂きたいのが、「塾講師は常に五者であれ」という名言です。 この言葉の中にある五者とは、学者・役者・易者・芸者・医者のことを意味します。


まず、塾講師は、担当する生徒に対して、学習指導を行なう存在であることは言うまでもありません。 そのように、人に教える立場の人間であるとは言うものの、塾講師自身も、常に学び続ける姿勢を持ち続けることが大切です。 塾講師になるためには、担当する科目について、人に教えられるだけの学力があることは必要不可欠の条件となります。


また、自分の知っていることを他人に教え、相手の理解を得るためには、さらに深い知識・教養が必要とされます。 そういう意味では、塾講師には、学者としての能力も持ち合わせているべき存在であると言えます。 また、塾講師がどれほど内容の濃い授業を展開しても、それを生徒に聞いてもらえなければ、指導の効果は上がりません。 つまり、塾講師には、生徒の興味・関心を惹きつける能力が求められるという訳です。